年に1度のお楽しみはフランクフルタークランツで。

今日はクリスマスのケーキを買いに近所の百貨店ケーキ売り場に行ってきました。

家族全員が大好きなフランクフルタークランツを買うことが目的でした。
このケーキはドイツのお菓子で、白い輪っかのような形をしています。

緑色に塗ればクリスマスリースのようにも見えます。

輪っかの周りを今時珍しい白いバタークリームでコーティングしていて、本当に外見からして美味しそうです。
毎年クリスマスにはこのケーキを買うことに決めていますので、今年も迷いがありませんでした。

フルタークランツを販売しているユーハイムに直行し、

人混みをかき分けて購入しました。
値段もお得で直径28センチほどある大きなサイズなのに1700円強で買うことができます。

他のクリスマス用ホールケーキならば3000円程度は払わないと、この大きさを買うことはできないでしょう。まんまとクリスマス商戦の罠には引っかからないのです。
買い物客で混雑していると、楽しいはずのケーキ選びもストレスになります。

ならば最初から購入するケーキを決めておいたほうが良いというのが私の考え方です。

しかも大好きなバタークリームを使ったケーキですから、満足度は高いです。
子供の頃はサンタクロースなどの飾りが沢山付いたケーキが良いなどと色々思うことがありましたが、大人になったら飾りなんてどうでも良くなりました。

綺麗な見た目に惑わされず、本当に食べたいケーキを食べることが心を満たすと気づきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です